医療現場の信頼に応える「東和薬品の力」基本姿勢 [品質管理]

責任ある生産体制による原材料の段階からの厳しい品質管理。
東和薬品は、根本から責任ある品質管理を追求し、「GMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)」や「GQP(医薬品等の品質管理の基準)」など、国が定めた厳重な基準に適合。原材料を選定する段階から医薬品製造・包装に至るまで、徹底した品質チェックを実施したうえで、市場に出荷しています。また、原薬および製剤製造所と品質取り決めを行うとともに、定期的な監査により製造所の管理体制を確認しています。
このように、原薬を選ぶ段階から最終製品までの品質、製造を支援するシステム(水、製造環境)、製造過程の手順などを一貫して管理する、責任ある生産体制を整備し、厳しい品質管理を実施。高品質なジェネリック医薬品の製造・販売を実践しています。

東和薬品の大阪工場をご紹介

当社大阪工場の様子、また医薬品製造に対する姿勢をわかりやすくムービーでご紹介します。

平成18年3月制作
※本コンテンツをご覧になるには、Adobe Flash Playerが必要になります。
Adobe Flash Playerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードしてください。


原薬からはじめる製品づくりへ

基本姿勢
  • 安定供給
  • 品質確保
  • 情報提供

お問い合わせ

  • 営業拠点・販売お問い合わせ 全国の営業拠点・販売お問い合わせ先はこちら
製品に関するお問い合わせ〈医療関係者専用〉
学術部DIセンター 24時間受付対応 0120-108-932メールによるお問い合わせ

このページのトップへ
© Copyright TOWA PHARMACEUTICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.