新製品

東和薬品のさまざまな工夫を施した製品をご紹介
東和薬品は、より多くの方々の健康に貢献できるように、さまざまな工夫をこらして、人へのやさしさをプラスしたジェネリック医薬品を数多く世に送り出しています。

アムロジピンOD錠 「トーワ」

RACTAB技術を採用したOD錠

アムロジピン製剤のOD錠の有用性を考え、独自のOD錠製剤技術「RACTAB技術」により、先発・代表薬剤のOD錠が上市される前から開発に着手し、2008年7月にアムロジピンOD錠を発売しました。
OD錠に要求される速崩壊性と耐湿性を両立し、有効成分の苦味をマスキング、清涼感のある甘みがあります。
発売以降、PTPデザインの改善や包装単位の追加、低用量使用を考慮した2.5mg錠への割線の付与、割線に合わせた「製品名印刷」など、現場のニーズに応えられるよう改良を続けています。

アムロジピンOD錠5mg「トーワ」アムロジピンOD錠5mg「トーワ」

アムロジピンOD錠2.5mg「トーワ」アムロジピンOD錠2.5mg「トーワ」


アトルバスタチンOD錠 「トーワ」

OD錠を剤形追加、より服用しやすい製剤へ

東和薬品では独自のOD錠製剤技術「RACTAB技術」を採用し、様々な成分のOD錠開発に取り組んでいます。
アトルバスタチン製剤は長期的に服用すること、また脳梗塞既往の脂質異常症患者では嚥下困難を伴う場合があることから、飲みやすいOD錠は服薬アドヒアランスの向上に大きく寄与すると考え、OD錠を開発しました。

アトルバスタチンOD錠10mg「トーワ」アトルバスタチンOD錠10mg
「トーワ」


成分として初めてのOD錠

薬効分類名 製品名
ドパミン作動性パーキンソン病治療剤 プラミペキソール塩酸塩OD錠0.125mg「トーワ」
プラミペキソール塩酸塩OD錠0.5mg「トーワ」
選択的セロトニン再取り込み阻害剤 パロキセチンOD錠5mg「トーワ」
パロキセチンOD錠10mg「トーワ」
パロキセチンOD錠20mg「トーワ」
降圧利尿剤 ヒドロクロロチアジドOD錠12.5mg「トーワ」*1
長時間作用型ARB イルベサルタンOD錠50mg「トーワ」*2
イルベサルタンOD錠100mg「トーワ」*2
イルベサルタンOD錠200mg「トーワ」*2
胆汁排泄型持続性AT1受容体ブロッカー テルミサルタンOD錠20mg「トーワ」
テルミサルタンOD錠40mg「トーワ」
片頭痛治療薬/5-HT1B/1D受容体作動薬 ゾルミトリプタンOD錠2.5mg「トーワ」
HMG-CoA 還元酵素阻害剤 アトルバスタチンOD錠5mg「トーワ」
アトルバスタチンOD錠10mg「トーワ」
勃起不全治療剤 シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」
広範囲経口抗菌製剤 レボフロキサシンOD錠250mg「トーワ」
レボフロキサシンOD錠500mg「トーワ」
*1 利尿薬の少量投与を考慮し、12.5mg製剤を開発しました(規格追加)。
*2 平成29年12月 発売予定品

タクロリムス錠 「トーワ」

服用性を考慮し、錠剤を開発、規格を追加

服用性を考慮し錠剤を剤形追加、高活性薬物であることから曝露防止のためフィルムコーティング錠として開発しました。
また、関節リウマチの一日用量1.5mg、3mg*に合わせて、1.5mg錠と3mg錠(割線あり)の含量規格を追加しました。

タクロリムス錠1.5mg「トーワ」タクロリムス錠1.5mg「トーワ」

タクロリムス錠3mg「トーワ」タクロリムス錠3mg「トーワ」

タクロリムス錠 「トーワ」


*関節リウマチの用法用量:3mgを1日1回夕食後投与、高齢者は1.5mgを1日1回夕食後投与から開始し、
 3mgまで増量可

ドネペジル塩酸塩内用液 「トーワ」

嚥下困難の患者さんが服用しやすいよう液剤を開発

わずかに粘度のある液剤で、服用時に嚥下の負担が少ないため飲みやすい製剤です。
有効成分の苦味をマスキングしているため、苦味をほとんど感じない梅風味の製剤です。
1回用量ごとの包装のため計量の手間が不要で、室温保存が可能なため、コンパクトで保管・携行にも便利です。

ドネペジル塩酸塩内用液5mg「トーワ」ドネペジル塩酸塩内用液5mg「トーワ」

ドネペジル塩酸塩内用液 「トーワ」


アトルバスタチン錠10mg 「トーワ」

分割性を考慮した割線を付与し、利便性を向上

低含量の使用を考慮し、10mg錠に割線を付与しました。割線は分割性を考慮した形状となっています。
アトルバスタチン錠10mgのほかにも、用法用量から割線の必要性を検討し、割線を付与したり、分割性を考慮した形状にしたりといった工夫を行っています。

アトルバスタチン錠10mg 「トーワ」

アトルバスタチン錠10mg 「トーワ」


ロサルヒド配合錠LD 「トーワ」

扱いやすく飲みやすい錠剤サイズに

錠剤は小さすぎると扱いにくかったり、大きすぎると飲みにくかったりするので、一般的には7mmから8mm位の大きさが好まれると言われています。
ロサルヒド配合錠LD「トーワ」では錠剤の小型化に成功。扱いやすく飲みやすい大きさの錠剤にしました。

ロサルヒド配合錠LD 「トーワ」


クラリスロマイシンDS小児用10% 「トーワ」

有効成分の苦味をマスキングし、小児が飲みやすい製剤を開発

有効成分のクラリスロマイシンは苦味を有するため、2層コーティングによるマスキング技術を採用しています。また、口腔内への残留とざらつきを防ぐため、苦味マスキング粒子の粒子径を100μm前後に設定しています。いちご風味の香料を使用、さらに複数の甘味剤を組み合わせ、小児が飲みやすい製剤としました。

製剤設計製剤設計

エピナスチン塩酸塩錠 「トーワ」

2層のフィルムコーティングにより光安定化かつ苦味マスキングを実現した製剤

有効成分のエピナスチン塩酸塩は苦味を呈するだけでなく、光に不安定なため、遮光性のフィルムコーティングを施しています。
遮光成分の酸化チタンはエピナスチン塩酸塩と反応し、変色する可能性があることから、フィルムコーティングを2層にし、酸化チタンが有効成分と接することのないよう外層のみに使用しています。
このような製剤設計により、光に安定かつ苦味をマスキングした錠剤を実現しました。

製剤設計製剤設計

エナラプリルマレイン酸塩錠 「トーワ」

無包装状態においても安定な製剤

エナラプリルマレイン酸塩錠の開発にあたり、無包装状態でも安定な製剤にするために研究を重ねました。
その結果、滑沢剤として汎用されているステアリン酸マグネシウムが有効成分の含量低下の原因であり、その含量低下を防止するために添加されているアルカリ化合物が硬度低下の原因であることが分かりました。そこで、滑沢剤をショ糖脂肪酸エステルとし、かつ、アルカリ化合物を用いない製法を確立し、無包装状態においても安定な製剤を開発しました。
エナラプリルマレイン酸塩錠5mg「トーワ」 無包装状態における安定性(25℃ 75%RH)

無包装状態においても安定な製剤

【参考】
硬度2.0kg重を下回ると、割れ・欠けが起こりやすくなり、取扱いに注意が必要になると考えられる。

製剤工夫
  • 東和のOD錠 RACTAB技術
  • 製品名印刷
  • 包装の工夫
  • 工夫した製品

お問い合わせ

  • 営業拠点・販売お問い合わせ 全国の営業拠点・販売お問い合わせ先はこちら
製品に関するお問い合わせ〈医療関係者専用〉
学術部DIセンター 24時間受付対応 0120-108-932メールによるお問い合わせ

このページのトップへ
© Copyright TOWA PHARMACEUTICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.